ブログBlog

秋を彩る紅葉!…が起こるのは何故???

青々としていた高原の景色も赤や黄色の色に変わり

秋の模様を映し出してきました。

 

葉の中に赤い色素であるアントシアニンというもが作られることで

イロハモミジやハゼノキなど多くの木の葉が鮮やかな色になるのですが

なぜアントシアニンと呼ばれる赤い色素が葉の中で作られるか知っていますか?

 

これは昔から多くの説が唱えられているので

今回紹介するのもあくまで仮説ですが

大変興味深いと感じたのものなので

こちらに書いていきたいと思います。

 

*赤くなるのは葉を落とす前の大事なお仕事

 

小学校の理科の時間で皆さんも習ったことと思いますが

植物は光合成によって自ら栄養分をつくります。

 

光合成とは、文字どおり太陽光を受けて、葉の葉緑体で行われるものなので

夏などの日差しが強い時期に比べて、日差しが弱くなってくる秋などは

光合成によって得られる栄養分が少なくなります。

 

この栄養分が少なくなると、当然夏の青々として大量の葉っぱのすべてに栄養を送ることは難しくなるので、落葉するのです。

 

ただそこで樹木というのは、ただ葉っぱを落とすのではなく、その前に1つ仕事を行っているのです。それは葉を作っている有機物のうち用武運んとして再利用できるものを、しっかりと落葉する前に回収しているのです。そしてその養分は次の春に葉っぱを出すためのものとして使われるのです。

 

またそれと同時にもう葉緑体も光合成を行う必要がなくなるので、それも分解されます。そもそも葉っぱが緑色なのは、葉緑体の中に緑色の色素が含まれているからなのですが、上記の分解に伴い、その色素も分解されます。

 

その色素が分解される過程にやっかいなことが起こり、この色素が葉緑体の殻から出てきたときに、樹木にとって有害な物質を作りだしてしまい、植物に悪い影響を与えてしまいます。

 

さらにやっかいなことに、緑色の色素がすぐに分解されてしまば問題ないのですが、これがなかなか分解されず時間がかかってしまうものになります。

 

そこで葉の中ではこの有害な物質の生産を阻止しようと動きます。

 

 

*青を阻止する為の赤

 

この緑色の色素は青色の日かを吸収して有害なものを作り出して、植物の細胞を破壊していきます。

逆に言えば、青色の光をさえぎることができれば有害な物質を作ることを止めることができます。

 

そこで力を発揮するのが、赤色の色素なのです。なぜなら赤色の色素は青色の光をよく吸収する性質を持っているのです。

つまり有害な物質が作られることを阻止するために、葉っぱは色を赤に変え、カーテンのように覆うことで、樹木を守っているのです。

それが葉が赤く理由でした!

 

そんなことを考えながら見上げる紅葉は、また一味違ったものになるのではないでしょうか。

 

ちなみに人によっては紅葉のピークは3日間だという人もいるくらい

 

本当に綺麗に見える時期は限られているので、興味のある方はぜひすぐにでも吉備中央町にお越しください!最高の紅葉が見れますよ!

 

その他の記事

オンライン予約