ブログBlog

あなたは知っていますか?日本庭園の魅力

私たちの住む吉備中央町には、日本が誇る作庭家である重森三玲さんが若かりし頃に作られた庭がいくつもあります。

 

個人宅の庭として作られているものもありまして、普段はなかなか見ることができないのですが

私たちが実施しているツアーの中には、それを見ることが出来るものもありますので

ぜひ興味のある方はご参加ください。

 

 

*日本庭園の特徴とは

 

 

日本の庭園というのは、西洋の庭園と違い、左右非対称な事と曲線による造形であることが特徴です。

 

西洋の庭園がシンメトリーに植物などを配置して、敷地の中で完成された人工的な美しさを求めるのに対して

日本の庭園というのは木や石や水をできるだけ自然にあるときのままの姿で配置しており

作品によっては囲っている敷地の外にある事前の風景までを借景として取り入れます。

 

その木々は育ちますし、苔はむしていくという年月の変化を楽しめるのも日本の庭園の味わいといえます。

 

 

 

 

*日本の庭園の歴史

 

 

日本の庭園の歴史というのはとても古く、奈良の平城京跡にも池泉が発掘・復元されています。

 

日本で最も古い造園の本である「作庭記」によると、平安の後期には、地割や植栽、石組などの現在までに伝わる基本的にな造園方法が確立されていたことがわかります。

さらに当時から「人間は自然に導かれながら作庭すべし」という自然観までもが確立されていました。

 

 

*個人のものから一般のものへ

 

 

江戸時代にると大名や将軍によって、たくさんの回遊式庭園が全国に作られました。

 

その当時は個人の所有物だった庭園ですが、現在ではその多くの庭が一般に公開されるようになりました。

 

庭園で身を置き、その時代や作者の背景に思いを馳せる、そんな贅沢時間を過ごしませんか?

 

 

その他の記事

オンライン予約